北海道の旅(7) 立待岬から津軽海峡を眺める

函館市電東側の終点、湯の川から市電に沿って走ります。
P1030042_.jpg
奥に五稜郭タワーが見えます。

緑の市電はNHKのどーもくん号。
P1030039__20160409215201328.jpg

函館駅前を過ぎて、
P1030070_.jpg

終点の谷地頭を通過。
P1030098_.jpg

さらにその先へ向かいます。
P1030105__2016040921520474b.jpg

これ以上は道がない岬の先端。
P1030107_.jpg

やってきたのは立待岬。
P1030145_.jpg
三方を海に囲まれ、背後は函館山。

函館の街並み。
P1030115_.jpg

P1030120_.jpg

こっちは津軽海峡。
P1030125_.jpg
うっすらと本州の陸地が見えてます。

津軽海峡フェリーも。
P1030131__20160409215235f65.jpg

ここを某国の船が通過したりしてるんですね。
P1030137_.jpg

P1030140_.jpg
津軽海峡も公海ではなく、領海にしたらいいのに…

後ろの函館山。
P1030126__20160409215254535.jpg

パッソと一緒に。
P1030149_.jpg
自分の車ではないですが、旅行のお供のレンタカーと撮ってみました。

オマケ。昨日の花見写真。
P1040605_.jpg

P1040591_.jpg
昨日は暑かった…

ブログランキングに参加しています。
記事がいいと思ったら、ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

どうしても津軽海峡は船舶交通の要衝(国際海峡)である以上、領海としてしまうと、通航関係の法令に基づいた通報等が必要となってしまい、業務の煩雑化や(海事関係における)社会生活への影響が大きくなってしまうのですよねぇ。
その他にも、非核三原則に基づいたり理由があったりと…
国外との境界に当たる個所は、一筋縄では行かない事由が多くあります(汗)。

Re: No title

いろいろ問題があるんですねぇ。
どちらにしろ国益を第一に考えてほしいところです。
アクセスカウンタ
現在の閲覧者数
プロフィール

kq2100

Author:kq2100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
過去記事
記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
相互リンク
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村



RailSearch


月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
Amazon検索